元島生

文章・音源・詩・活動・いろいろ

場面

ある重み

1月5日 新年最初の仕事は広島。 休んだ後の仕事は、気がつくことが増える。 忙しいと荒む。気づくこと自体が減る。 別世界に身をおく時間が、大事なのかもしれない。 今年は、面白いことをしたい。 つまらないことはしたくない。 夜は、ゲストハウスに泊ま…

神は死んだか

1月2日 映画もののけ姫を、導入部分だけ観る(子供らが怖がるので中断) 恨みを持ったことで、祟り神という魔物になってしまった猪が、人間の村を襲う。 主人公のアシタカは、敬意をもった言葉で猪を鎮めようとするが、猪は止まらず、やむなく矢を射って殺…

不器用な雪掻き道

僕の家に隣接する古い長屋には、高齢者の方が、数人暮らしている。 みんな、とてもいい人達で、我が家の子どもたちの、容赦ない喧噪にも「元気になるよ」と言ってくれ、助かっている。 家に一番近い部屋の、一人暮らしのおじいさんとは、窓越しによく話をす…

それだけ

いつも玄関先でやる七輪を、今日は、道路側に出してみた。通り掛かりの人が、話していったり、炭を持ってきてくれたり、芋を持ってきてくれたり。たくさん笑顔が通っていった。子どもたちが、芋をくれたご近所さんの家に、お返しを届けたいと言い出し、届け…

夜の自転車

頭が痛い。 せっかくの休日を、一日寝て過ごした。 もう2~3週間、ぐずぐずと体調が悪い。 昨日はなんとか持ち堪えたが、今日はダメだった。 目覚めの瞬間に、ダメなのが分かった。 気がダメなのだ。 先週、九州は豪雨で、大きな被害があった。 朝、テレビ…

幸せな会話

「早くー遅刻するよー」「ちゃんと締めとかなきゃ猫入るからさ」「ははは、泥棒じゃなくて?」 「今日ね、箱アイス6割引だったのよ。奇跡じゃない?」「奇跡ではないでしょ。値引きでしょ」「いや奇跡だなー」

太陽はおなかの中

今日は雨だ。 ちゃーちゃん(のはら)を、幼稚園に送る車中での会話が、何やら心に残るものだったので、書いておきたい。 「ちゃーちゃん、今日は雨だねー」 「雨ってやさしいよ」 「どうして?」 「お野菜を育ててくれるんやよ」 「そうか。じゃ雷は?」 「や…