元島生

詩・文章・音源・あれこれ

摘む

早めに帰ったら、娘の友達が遊びにきていた。

帰るというので、散歩がてら送って行った。

光がきれいで春を思わせたが、まだ寒かった。

f:id:motoshiman:20170402050928j:plain

空き地でつくしを見つけたので、摘んで帰った。

つくしがあると僕が言うと、「あーほんとだ!」と宝物でも見つけたように飛びつく子どもたち。

嬉々として。黙々と。活き活きと。まるで内からの強い要請が働いているかのように。

摘みながら、力強い明るさをグングンと発生させていた。

鳥が飛び方を知っているように。蝉が木に登るように。僕らも生き物だから、必要なことは命が知っているはずだ。

つまり僕にはそういう風に見えた。

今つくしを摘むことがぜひとも必要だと、小さな体の中にある命が言っているように。

摘むことによって、小さな命が春になろうとしているように見えた。

そして僕もまた、嬉々としていく子ども達を、まるで春でも吸い込むかのように見ていた。 

f:id:motoshiman:20170402051013j:plain