読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元島生

詩・文章・音源・あれこれ

ある春の1日

6:00 起床 

7:00 ミキと自転車で散歩(自転車で世界一周するのが夢らしい)

8:00 ドブ掃除(町内のやつ)

9:00 のはらと買い物(ママとゆいとみきは児童会の集まりへ)

10:00 子どもらと畑作り・種まき(トウモロコシ・ニンジン)、ママお出かけ(送別会)

f:id:motoshiman:20170403072149j:imagef:id:motoshiman:20170403072202j:image

12:00 子どもらとサンドイッチ作り

13:00 かもの公園でピクニック。サンドイッチ食べて、つくし摘んだり、カモにパンあげたり、カラスから逃げたり。パパ昼寝&読書

15:00 近所の保育園であそぶ。パパ昼寝&読書

16:00 ママ帰宅、子どもらだけでつくしの下拵え、ママ庭の剪定、パパ夕食(七輪)の準備

f:id:motoshiman:20170403072224j:imagef:id:motoshiman:20170403072230j:image

 

17:00 七輪で夕食、煙出てママ近所にビビる。子どもら喜ぶ。パパはママを説得する。

 

f:id:motoshiman:20170403072257j:image

片付け、風呂、テレビ、宿題など

21:00 就寝

 

畑作りや種まき、つくし採りや下拵えは、手応えがあるのか、とてもやりたがる。

子どもの命そのものも、春の中にあるようで、見ていて嬉しい。

落ち着きがなくて、少し腹が立つこともあるが。

 

大人とて、季節というか地球に多分に影響を受けているのであって、僕は今朝から頭痛が酷い。

みんな命。地球の中。

北陸に来て6年。冬の暗さに「もう今年が限界だ」と毎年思う。

そして毎年この春に諭される。

春の喜びを知るには良い土地です。

子どもらに導かれながら、なんとか僕も土の下から出ようとしているような感じです。