読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元島生

詩・文章・音源・あれこれ

黒い点

黒い点を見ている

あれはゴミだろうか

何かのシミだろうか

僕は横を通り過ぎる

糸くずの固まったものだ

拾う事は出来る

さっと拾ってゴミ箱に入れることは

何の造作もないことだ

だけど なぜか それができない

視界に入れながら

何度もそこを行きすぎる

 

ここは大浴場の脱衣所で

僕は清掃員

それを拾う事は 僕の仕事で

何の造作もないことだ

だけど なぜか それができない

 

人の汗の染み込んだタオルの束を 担いだあと

髪の毛や 剥がされたシップを 手で掴んだあと

びしょびしょに汚れたトイレを 膝をついて拭いたあと

僕はそこを通り過ぎる 

まるで 

一人息子がそこで遊んでいるのを ふと確認するかのように

そっと目をやり また 立ち働く

とても大切なものが  ちゃんとそこにあることに

安心でもするかのように

 

そして

サウナ室で汗をかきながら

ふと思い出したりしている 

 

あれはゴミだったろうか

糸くずだったろうか

なんだったのだろうかと