元島生

詩・文章・音源・あれこれ

太陽はおなかの中

今日は雨だ。

ちゃーちゃん(のはら)を、幼稚園に送る車中での会話が、何やら心に残るものだったので、書いておきたい。

 

「ちゃーちゃん、今日は雨だねー」

「雨ってやさしいよ」

「どうして?」

「お野菜を育ててくれるんやよ」

「そうか。じゃ雷は?」

「やさしいよ」

「どうして?」

「みんなを守ってくれるんやよ」

「へー。そうなんだ。じゃ太陽は?」

「やさしくないよ」

「えー?そう?太陽は大事じゃない?」

「太陽はおなかの中にあるんやよ」

 

のはらは、自宅出産だった。

4歳になった今も、生まれた場所で、寝起きしている。

ママのおなかから、人間が出てくるのを、お姉ちゃんたちは、股を覗き込むようにして見ていた。

その時のことは、誕生日など節々に話題になる。

そういう事が、影響しているのか、どうなのか分からないが。

のはらにとって、太陽はおなかの中にある。

ご飯が入る場所、痛くなったり、ぐーっと鳴ったり、命が宿る場所。

自分が生まれた場所。

 

「なるほど。そうかもね」

 

それからカーステのボリュームを少し上げて、二人で唄いながら、幼稚園に向かった。