読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元島生

詩・文章・音源・あれこれ

心に太陽を 

心に太陽を 

作詞作曲 元島生

苦し紛れの嘘は  ドブに落ちて 川を流れてしまって

海から雲になって  雨を降らして 今 僕の頬を濡らした

誰かを恨むなら 深い森に迷い込んでいくようで

誰かを憎むなら  底なし沼に いつの間にか 

だから

心に太陽を 雲を晴らして 全部忘れてしまって

心に太陽を 雲を晴らして 全部無くしてしまって

「生きていく」ということは 一人ぼっちで歩いて行くということで

例えばこれから 暗い闇に突き落とされてしまっても

あの雲の上には 太陽がしっかりと控えているからさ

雨だろうが 風だろうが 闇だろうが 地獄だろうが 行くのさ

心に太陽を 雲を晴らして 全部忘れてしまって

心に太陽を 雲を晴らして 闇を晴らしてしまって

心に太陽を 風を吹かして 全部無くしてしまって

心に太陽を 全部忘れて 全部忘れて 歌って