元島生

文章・音源・詩・活動・元島にまつわるいろいろ

雑文

眠れない日が続く

布団の脇に置いてあるギターを

仰向けのまま 胸の上に置く

ポロンと鳴らす

胸に弦の響きが伝わる

雨の音が部屋を囲んでいる

 

唄ができる時は 苦しい時だとばかり思っていた

しかし 本当に苦しい時には 唄はできないのだと知る

苦しくならないように唄があったのだ

 

弦の音も頼りない

不快な音だ

 

ただただ懸命に働く蟻は幸せだろう

キリギリスには唄が必要だったのだ

 

しかしそれらは逃れようのないことで

蟻は蟻として生きる不幸を 日々運んでおり

キリギリスはキリギリスとして生きる不幸を 日々奏でている

 

そして僕もまた

人間として たったそれだけのことを 長々と書かなければならない不幸を

こうして生きているのだ